MENU

成人式振袖・レンタル【たから弥・あす香】TOP  >  コラム  >  インスタ映えを狙う♥振袖姿をきれいに見せる”撮影ポーズ”

Columnコラム

#前撮り #成人式 #振袖

インスタ映えを狙う♥振袖姿をきれいに見せる”撮影ポーズ”

2019.01.31

インスタ映えを狙う振袖姿をきれいに見せる”撮影ポーズ”

振袖だけでなく、ヘアもメイクもネイルも念入りに準備して挑む一生に一度の成人式。そんな記念すべき成人式だからこそ、思い出としてきれいな振袖姿を写真に残したいですよね。そこで今回は、振袖姿をきれいに見せる撮影ポーズをご紹介します。お友達と”映える”写真をたくさん撮って一生の思い出作りをしましょう!

 

振袖の撮影はオフィシャルの「前撮り」とプライベートの「インスタ」

 

成人式の前撮り撮影はプロのカメラマンさんに撮影してもらいます。プロならではの様々なポージングを教えてもらえるので、モデル気分で楽しく撮影ができます。笑顔の写真が撮れると、両親はもちろんおじいちゃんやおばあちゃんも大満足です。

 

一方「インスタ」に投稿する時の写真って、どんなポージングで撮った写真に沢山の「いいね!」が付くのでしょうか?プロが撮影したように見える「インスタ映え振袖写真」はこちらです!

 

 

インスタ映え振袖写真を撮ろう!

●自分から見た「左側」を意識する!

「自分から見て左側」を意識的に見せましょう。体を少し斜めにして立つと、振袖の華やかな柄が強調できます。振袖のレンタルカタログやホームページを見ると、モデルさんたちは振袖の柄がよく映えるように、体を少し斜めにして立っていることが分かります。

 

●着崩れ・ヘアメイクをチェック

振袖に限らず、着物の襟もとや帯がゆるんでいると、見る人にはルーズな印象が残ります。「着崩れしたかな?」と思った時に自分でサッと直す方法を知っておくと便利ですよ。

 

ヘアメイクも時間が経つと次第に崩れてきます。ミニミラーを携帯して、気が付いた時にチェックしましょう。

 

●姿勢を正す

インスタ映えする振袖写真を撮りたいなら、姿勢の美しさに気を付けましょう。片足に重心をかけて立つ、足を開く、猫背では振袖の美しい柄が台無しです。着物を着ている時のつま先は内股で、背筋はピンと伸ばします。

 

●アップの撮影は「手」の使い方を工夫して「可愛い」を狙う!

振袖のアップ写真は「手」の使い方がポイントになります。体を斜めに向けながら、顎を引いてフェイスラインに手を添えます。指先はしなやかに見えるように揃えること!落ち着いた雰囲気のインスタ映え写真が撮れます。

 

●小物使いやロケーションで印象アップ♪

よくある振袖写真も良いですが、せっかくなら鮮やかな色の小物を使って個性的な写真を撮ってみましょう。あえてスニーカーや帽子を合わせる「はずし技」や、もふもふのぬいぐるみや動物と一緒に撮影すると、自分らしさがあふれる可愛い写真が撮れますよ!

 

ロケーションにもこだわってみましょう。神社やオシャレな街並みをバックにして、カメラフィルターをかけると、レトロな印象やハッピーな印象の写真が撮れます。

 

●バックショットはインスタ映え必須!

一人のバックショットや、友達と一緒に写ったバックショットなど、振袖姿のバックショットはインスタに大変よく投稿されています。帯の写真は自分用の記念になりますし、翌年成人式を迎える人たちにとっても参考になります。バックショットを撮る時は、背面だけでなく、振返った感じで撮影すると、帯の立体感が出るので振袖の表情が豊かに写ります。

 

 

気を付けて!こんなポーズは「映えません…」

小物使いやロケーション、バックショットなど、インスタ映えする振袖写真を沢山ご紹介しましたが、どんな場面でも大切なのが振袖を着た時の「所作」です。着物を着慣れていないと、つい普段通り身振り手振りが大きくなりがちです。振袖を着ているときは普段よりも動きを小さくしましょう。

 

インスタ映えする写真を撮る時も、袖口からあまり腕を出さない、指先は広げない、足を広げて立たないといった点に気を付けて可愛い写真を残してくださいね!

 

 

一生に一度の成人式で着る振袖写真。みんなから沢山の「いいね!」がもらえるような可愛い写真を撮りましょう!